ウェブのアクセス解析についていろいろ調べていたら、
検索エンジンのアルゴリズムに関するこんな言葉を発見しました。

モバイルフレンドリー
モバイルファーストインデックス(MFI)

いずれもモバイルという言葉が含まれている事から察するに、
モバイル端末に対応するサイトを検索エンジンとして優遇する仕組みのようで
ここ数年、スマートフォンによる検索エンジン利用者が急激に増加している事が
Googleがこの仕組みを導入することになった背景だと思います。

また、この二つの仕組みの概要は以下の通り

モバイルフレンドリー

スマートフォンの閲覧に適したページの検索順位を引き上げ
適さないページの順位を下げるという仕組み

モバイルファーストインデックス(MFI)

検索エンジンのインデックス対象をモバイル版のコンテンツを第一とする仕組み

モバイルフレンドリーは既に実装されており、MFIは近々導入される予定となっています。


私がこの二つの言葉を知った時は、

自分のブログもモバイル端末に対応しないといけないな

と思っていたのですが、よく考えてみたら、
「賢威」というSEOテンプレートで構築しているためその心配は無用だったのです。

「賢威」については以前こちらの記事で紹介しましたが、

【特典有り】SEOテンプレート「賢威」(松尾茂起)を徹底解明!

レスポンシブWebデザインという機能のおかげで私のブログはモバイルに対応できています。

自分のブログがモバイルに対応しているかどうかは
Googleが提供しているテストページですぐにわかり、私のブログの結果はご覧の通りです。

モバイルフレンドリー

基本私のブログは「文章」がメインですので
少々見た目が殺風景な気もしますが、モバイルフレンドリーとしては合格のようです。

またこのモバイルフレンドリーには幾つかのチェック項目があり、
そのチェック項目を満たす事でモバイル版としてのページ評価は問題無いようなので、
とりあえず、検索エンジンの評価を下げないためにも実施しておくべきものだと思います。

モバイルフレンドリーとして満たしておく必要のあるチェック項目は以下の4つ

・フォントサイズの最適化
・モバイルビューポート(表示領域)の設定
・リンクの距離(タップの適正化)
・コンテンツ(画像)サイズの最適化

普段スマートフォンでウェブページを閲覧するときに
違和感なく当たり前のように閲覧できるようするための項目という解釈で問題ありません。

・スマートフォンでも読みやすい文字サイズになっていること
・スマートフォン向けに表示画面が調整されていること(サイドメニューの非表示など)
・リンク同士が重なって画面タップしづらくなっていないこと
・スマートフォンのサイズに合わせて画面が縮小されていること

これらが対応出来ているブログであれば
モバイルフレンドリーとしての評価としては問題ないという事です。

(私が利用している「賢威」の機能である「レスポンシブwebデザイン」というのは、
その機能を使うだけで上記項目を満たしてくれます。)

ちなみにその機能の画像は以下の通り、オン・オフで切り替えられます。

レスポンシブWebデザイン

モバイルフレンドリーは既に検索アルゴリズムとして実装されていますので、
もし対応していない場合は、早急にウェブページの改善をしたほうがいいと思います。

モバイル版に対応していないだけで検索結果の順位を下げるのは損ですからね。

またモバイルファーストインデックス(以下、MFI)についてですが、
これはまだ検索アルゴリズムとして実装はされていませんが。近々導入される噂を耳にします。
(既に一部のウェブサイトの本番環境で実装されているとか。)

そもそも「インデックス」とは索引や見出しいった意味を指しており、
検索エンジンのデータベースに記録されることを「インデックスされる」と言います。

これまでは、PCで閲覧したときのページを検索エンジンはインデックスしていましたが
MFIでは、モバイルで閲覧したページをインデックスしていくことになります。

つまり、検索エンジンの評価指標はモバイル版で見たページになるということです。

ただ、GoogleはPCで閲覧した時のページを評価しないと言っているわけではありません。

Googleが目指す検索エンジンの在り方は、
PC、モバイル端末に関わらずユーザに素晴らしい情報を提供するものであり、
GoogleはこのMFIの発表の中でそれをきちんと明確に言っています。

したがって、このMFI導入に対する情報を提供する側の意識としては、
良質な情報発信をする(ユーザに有益な情報を提供する)という姿勢を前提とした上で

モバイルによるページ閲覧者にも有益な情報を提供できるような環境作りを徹底する

というのがベストな思考だと思います。

ただ単に「モバイル端末に対応できないと検索順位を落とされる。だから対応しよう」
という発想ではなく、「モバイル利用者にも有益な情報を提供しよう!」

このほうが、Googleが目指す検索エンジンの在り方に沿っていますから
MFI導入に対応するための意識付けとして理想だと思うのです。

MFIは段階的な試験で少しずつ導入されるみたいですので、
いつ自分のブログがMFIの対象になるかは不明ですが
もしモバイル対応していないページが存在しているのであれば
少しずつでも構いませんのでモバイル対応のテコ入れはしていったほうがいいと思います。

また記事の途中でも少しだけ紹介しましたが
私が使用している「賢威」はレスポンシブWebデザインという機能一つで
モバイル対応になりますので、MFI実装に合わせて導入を検討してみてもいいかもしれません。

【特典有り】SEOテンプレート「賢威」(松尾茂起)を徹底解明!

それでは、また次回。