新規にブログを立ち上げる時にブログの名前(ブログ名)で悩む人は多いと思います。

そんなこともあってか、ブログ名の決め方に関する議論は
ネット情報を探ってもそれなりに多い傾向を確認しています。

ただ、多くの人達が主張する「ブログ名の決め方」は、

・ビッグキーワードを入れましょう
・オリジナリティのある名前にしましょう
・短いフレーズで構成しましょう
・どういうブログかわかりやすいタイトルにしましょう
・SEO対策を意識しましょう

という、ユーザにプラスの印象を与えるような方向性で
検索エンジンからの集客にも効果的な話をされています。

確かにビッグキーワードは検索エンジンのインデックスを考慮すれば
ブログ名に含ませておいた方がいいものだと思いますし、
ブログの趣旨が分かるタイトルを構成することも間違いではないと思います。

そういう意味で、私も上記で主張されている意見にはおおよそ同感はしていますが、
それほど、悩む必要はない」とも考えています。

その理由は、検索エンジンによるキーワード検索でアクセスをする「ユーザの行動」に
ブログ名はさほど影響を及ぼさないと考えているからです。

これは、キーワード検索によるユーザからのアクセスパターンは、
ブログのトップページよりも、ブログの個別記事へのアクセスのほうが多いという
私の経験上のアクセス解析結果によるところからきています。

ビックキーワードを占めている超大手のサイトであれば話は別ですが、
一個人のブログにアクセスが来るようなパターンは、
「ブログ名」よりも「ブログ記事タイトル」に紐づくキーワードで
その記事に直接アクセスが来るパターンの方が多いのではないでしょうか。

検索エンジンでキーワード検索をするユーザの行動フローをイメージしてみると、
ユーザが目にする検索結果はブログ記事タイトルのほうが多い傾向にあると思います。

個人ブログであれば、「ブログ記事タイトル+ブログ名」という形で
検索結果に表示されているかもしれません。

その際にユーザは、ブログ名をそこまで意識するでしょうか。

ユーザにとっては、自分が欲しい情報がそこにあるかどうかが肝心なわけですから
その参考にする情報としては、ブログ名よりもブログ記事タイトルのほうだと思います。

もちろん、ブログ名が全くアクセスに影響を及ぼさないと断言はできませんが、
事実、検索エンジンからのアクセスとして私のブログでは、
直接トップページにアクセスするパターンよりも
個別キーワードによる個別記事へのアクセスパターンの方が多い結果が得られています。

そこから別の記事に目を通して頂き、ブログの滞在時間が伸びることで
それぞれの個別キーワードによる検索結果の表示順位が少しずつ上昇している感じです。

したがって、ブログ名の決め方に対する考えとして妥当なのは、
「そのブログがどういうブログであるのかわかりやすく表現する」程度にとどめておき、
センスやオリジナリティにはあまり拘る必要がないというのが私の考えになります。

勿論、冒頭でとりあげた要素を全て満たすようなブログ名を
悩まずスラスラと決められるのであればそれでいいと思いますが、
時間をかけて悩む場合は、ブログの趣旨だけを意識してさっさと決めてしまい、
ブログ記事タイトルを意識しながら情報発信を始めたほうが有意義だと思います。

また、ブログ名でSEOを意識する人もいると思いますが、
肝心なのは、ブログ記事タイトルからユーザが期待する情報を
ユーザの期待以上の形で提供していくことですので、
ブログ名がSEOの観点で大きな影響を及ぼすとは考えにくいです。

仮にブログ名をユーザが意識しはじめるとしたら、
日々の情報発信により「この人の情報は自分にとって有益なものだ」という
プラスな印象が根強くなり、ブログ名を覚えようと思う時だと思います。

たとえ、そのブログ名が平凡でありきたりだとしても、

その平凡なブログ名が自分のブログを示すもの

になり、ユーザはそんな平凡なブログ名のブログを
そこで発信されている情報によって評価するのです。

すなわち、ブログ名がユーザの印象を決定づけるものではなく、
ブログで発信する情報によって、ユーザがブログ名を印象付けるのです。

そういう意味では、ブログ名を決めた後は、
そのブログ名をユーザに覚えてもらう意気込みを持って、
ユーザに価値ある情報を積み上げていく事が重要になってきます。

そしてSEO的な観点では、ブログ名よりも「ブログ記事タイトル」のほうが重要ですので、
日々の情報発信では、ブログ記事タイトルとユーザの検索心理が紐づけるようにしてください。

ちなみにブログ記事タイトルの決め方については、既にこちらの記事で講義をしています。

記事タイトルの付け方と検索者の心理~タイトルと検索キーワードの関係性~

是非、参考にしてみて下さい。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ