インフォトップの売り上げランキング上位には
常に、次世代サイト作成システム「SIRIUS(シリウス)」がランクインしています。

過去30日間の売り上げランキングを検索すると、以下の通りです。

SIRIUS(シリウス)

登録日が2011年から今でも売り上げ上位に位置しているのは
このシリウスが長期間に渡り売れ続けている証拠だと思います。

シリウスの評判に関しては、様々なレビュー記事に目を通してみましたが、
賛否両論あるものの、どちらかというと好評価の傾向が強い印象を受けます。

まあ、レビューについては至る所で語りつくされていますから
強いてこの場でシリウスの良し悪しを言及するつもりはありません。

ただ、このシリウスが長く売れ続けている一つのポイントに、
セールスレターの質が強く影響していると感じるところがありました。

そういう想いから、長く売れ続ける情報商材を優良商材と解釈した上で、
そんな商材を手にするための一つの参考情報として、
今回はシリウスのセールスレターについて考察したいと思います。

セールスレターのURL:http://sirius-html.com/

SIRIUS(シリウス)のセールスレターは具体的

ヘッドコピーはとてもシンプルで
評判が高かった「AQUAS」の後継機としてシリウスを紹介している構成になっています。

セールスレターを少しスクロールしたところで
読み手が持っているであろうこんな願望が示されています。

・もっと簡単にサイトを作りたい
・もっと効率的にサイトを作りたい
・もっと少ない時間でサイトを作りたい
・もっと高品質なサイトを作りたい
・もっとデザインの良いサイトを作りたい
・もっと分かりやすいサイトを作りたい
・もっと成果が出るサイトを作りたい
・もっとSEOに強いサイトを作りたい
・もっとユーザーのためになるサイト作りたい
・もっと稼げるサイトを作りたい

願望が示されることで、読み手は自身の願望を再認識しますから
こういう箇条書きのワンフレーズで示されると読みやすい印象を受けました。

ここまでのコピーには特に具体性というものはありませんが、
以降はこのシリウスの特性を具体的かつ魅力的に示すコピーのラッシュとなっています。

シリウス

シリウス

シリウス

このシリウスはサイト作成を支援するツールですから
これだけ多くの具体的なことが語られると、ツールに対して信憑性が持てると思います。

これが怪しいツールのセールスレターですと、
中身の具体的な内容には一切触れられず、
「簡単に」「楽に」「自動化」という抽象的な言葉の連発で、
ツールが備えてる機能面の説明が省かれることも珍しくありません。

このシリウスのセールスレターはそれとは対照的で
ツールが持つ機能を、魅力的にかつ分かりやすく読み手に伝えている印象を受けます。

「具体的な説明がたくさんある=中身の備わっている情報商材」

という解釈をしていいと思います。

上記のような具体的な機能面の説明以外にも
読み手が必要とするであろう機能をとことん語りつくしています。

・読み手が作りたいと考えているサイトが作れること。
・読み手がサイトを作るときに欲しい機能が備わっていること。

さらに、これらの要件が実際にイメージ通りできる事を証明するために
シリウスのデモ動画もセールスレターで示しています。

シリウス

さすがにここまで示されると
シリウスに対する「興味」も「確信」に変わる人も多いと思います。

これ以降もシリウスの具体的な強みが語られ続けて、
特に強い販促アピールをすることもなく、
最後に申し込みボタンが示されているという感じです。

つまり、このセールスレターの構成から
このシリウスが長く売れ続けている要因として挙げられるのは

その情報商材が読み手にとって有益であることを示す具体的な情報量の多さ

であり、一つ一つの情報がどれだけセールスレターで具体的に語られているか
そこが(読み手にとっても)重要だと思うのです。

シリウスのセールスレターを一通り目を通してみると、
とにかく、読み手が知りたい情報をとことん示しており(それも魅力的に)
最後まで読み手を飽きさせることのない構成という印象を受けました。

売り手の視点で見てみると、
シリウスが沢山売れるようなセールスレターに仕上がっていると見えますし、
読み手の視点で見てみると、
シリウスを欲しいと思うようなセールスレターの出来栄えだと思います。

売り手、読み手両者にとってベストなセールスレターと言えるかもしれません。

ただそれもこのシリウスがセールスレターで語る情報が多い
「中身」を持ち合わせてのことだと思います。

その「中身」については、ここ数年で語りつくされている
レビュー記事などを参考にしてもらえればいいと思います。

一応今回お伝えしたかった事は、

具体的な主張が伴うセールスレターには信憑性が持てること
逆に抽象的な都合の良い主張ばかりするセールスレターは信用しない方がいいこと

この2点を抑えておけば、
今後の情報商材の買い物で大きな失敗はないと思います。

また上記2つのポイント以外の視点で、こちらのセールスレターを題材に、
「セールスレターの読み方」について言及していますので、
是非、参考にしていただければと思います。

NEOノンバトルアフィリエイト(改)のセールスレターを読み解いてみる

それでは、また次回。