ブログ記事の主な集客窓口は検索エンジンになると思いますが、
その検索エンジンからの集客効果を高めていくための、
記事投稿における「文章構成」というものを紹介したいと思います。

ただ、今回ここで取り上げる文章構成というのは、

・価値ある情報を発信していきましょう。
・キーワードを意識しましょう。
・良質なコンテンツに仕上げましょう。

といった漠然とした話よりも、
検索者の心理を紐解きながら、その観覧心理を踏まえて、

記事そのものを読み始めてもらう文章構成

から、記事を読む意識を検索者(以下ユーザ)から引き出すことに的を絞り、
その意識を引き出す記事を投稿するためのポイントを追求したいと思います。

もちろん、その先には「記事全体を読んでもらう」ことも必要になるわけですが、
そもそも、検索エンジンからアクセスするユーザが、
自分の書いたブログ記事をしっかりと読むことはまずありません。

なぜなら、ユーザの意識は「記事をしっかり読む」ことではなく、
「自分の欲しい情報を手に入れる」ことだからです。

つまり、集客用のブログ記事を投稿していくのであれば、
記事全体を価値あるコンテンツにしていくよりも、
その前段階として、「自分の欲しい情報がそこにある」という認識を
ユーザに持たせた記事にしていく必要があるのです。

そしてこれは、たとえ記事全体を読めば価値があるものだとしても、
ユーザが「この記事に自分の欲しい情報はない」と判断してしまえば、
無価値な記事としてブログに埋もれてしまうことになるという事です。

したがって、集客目的でブログ記事を書き下ろすのであれば、
ユーザの欲しい情報を率直に示していくことがセオリーであり、
そのセオリーに準拠した文章構成をこの講義で取り上げてみたいと思います。

ちなみに、ここでは記事本文についての講義になりますが、
記事タイトルの付け方は別途こちらで解説していますので参考にしてください。

記事タイトルの付け方と検索者の心理~タイトルと検索キーワードの関係性~

ブログ記事を読み始める動機を引き出す為には

基本的にユーザが一つの記事を読む時には、
よっぽどその記事を投稿するブログあるいは発信者に興味がない限り、
冒頭部の文章を流し読みするか、ザッとスクロールしながら、
ブレット(小タイトル)に目を通すのが最初にユーザが起こす行動だと思います。

つまり、ブログ記事を読み始める動機を引き出す為には、
その行動過程でユーザの欲しい情報を示していくか、
ユーザの欲しい情報がありそうという認識を与えていくか、
このいずれかの2択になるかと思います。

どちらもブログ記事を読み始める動機に繋がるものになりますが、
敢えてこの二つの手法の使い分けをしていくのであれば、
記事を投稿する私たちが文章として書き下ろしやすい方を採用して、
記事全体が「価値あるコンテンツ」に仕上げることを心掛けて下さい。

「根拠」と「答え」

ユーザの欲しい情報を示していく時には、
その情報に信憑性を持たせることで、記事を読み進める意欲に繋がります。

この信憑性を持たせるためには、ユーザが欲しい情報(答え)に、
正当性を持たせる「根拠」を示す事が効果的です。

その根拠がユーザ自身が自然と納得してしまうものであれば、
その根拠に基づいて示される「答え」も信用に値するものだとユーザは判断するのです。

したがって、ユーザの欲しい情報を率直に示すことで、
腑に落ちない疑念がユーザから生まれてくるようであれば、
その疑念は早々に払拭するように、その根拠を示すようにしてください。

例えば、アフィリエイトで稼ぎたい人(稼ぎ方を知りたい人)に対して、

「ブログ記事の書き方を学べば稼げます」

という答えを示したのであれば、

「なぜブログ記事の書き方を学べば稼げるのか?」

という疑念を払拭するような根拠を示さなければいけないのです。

また、こういうテーマの場合は、
ブログ記事の書き方を知りたいユーザもいるため、

・ブログ記事の書き方を学ぶ事で稼げること
・ブログ記事を投稿する上で徹底していくポイント

こういったものを、ユーザが納得する形で
冒頭部あるいはブレットに示していくことで、

記事全体を読めば、有益な情報が手に入りそうだ

という意識をユーザから引き出す事が出来るのです。

文字数が多い記事に固執するだけでは失敗する

検索エンジンの上位に表示されるウェブページが、
必ずしも文字数が多い記事とは限りません。

肝心なのは、ユーザの求める情報を示すことですから、
たとえ少ない文字数であろうとも、その役割を果たせている記事は、
集客目的のブログ記事としては成功してしまうのです。

ただこれは、あくまで「集客」という観点だけの評価であり、
そこからアフィリエイト商品を紹介したりする場合は、
成約が取れるレベルの情報をユーザに示していく必要がありますから、
その情報量は文字数と比例していくことになると思います。

そういう意味では、
「ユーザが記事を読み始める動機」を作る段階で文字数を意識する必要は無く、
あくまでその先で示す情報次第で文字数が決まるものという解釈で問題ありません。

必要十分な情報を示せれば文字数に関係なく、
ユーザはその記事に対して価値を感じますからね。

サッと記事を見て欲しい情報を認識できること

結局のところ、ユーザが欲しい情報を認識しやすい構成で記事を書き下ろせば、
「記事を読み始める動機」は十分に引き出す事が可能です。

そしてこの段階のユーザの心理は、

記事全体を読めば、自分にとって有益になるかもしれない

という前向きな「興味」に変わっているはずですから、
あとは、記事本文にその興味を深堀していくような情報を示していく事が、
集客の先を見据えた記事としては最適なものだと思います。

そんな「記事を読み進める意欲」を引き出す文章については、
改めて別の講義できちんと説明をしたいと思いますので、
まず今回の講義で解説した「記事を読み始める動機作り」を徹底して、
集客用のブログ記事を投稿してみて下さい。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ