私はアフィリエイトを始めてから数多くの情報商材を購入し、
その中に書かれている手順に従いブログや動画を作った経験がありますが、
それで稼げたことは全くといっていいほどありませんでした。

当時、その結果をある意味、素直に受け入れていた私は、

「自分の実力不足だから」
「手順通りやっているつもりでやれていないから」
「そもそもこの情報商材の方法論が間違っているに違いない」

といった言い訳を自ら作り出し、
そこから違う情報商材に手を出していきながら、

「次こそは稼ぐ」

と、そんな勢いでアフィリエイトに取り組んでいました。

情報商材の成約数で言えば数件、
アドセンス広告ですと数万円の小銭は手にできましたが、
その報酬額はあまりにも労力に見合わっていなかったのです。

「少しは稼げてるだけマシじゃん」

と思う人もいるかもしれませんが、
正直、バイトをやってお金を稼ぐか、素直に遊んでいた方がマシです。

アフィリエイトなどで絶望的になる人の思考は、
おおよそこんなものではないでしょうか。

一方で、自分がやってきたことを無駄にしない(させない)為に、
自分の取り組みを必死で肯定しようとする人もいます。

それが冒頭でも挙げた内容にもなるのですが、
時にこんな考え方をする人もいるかもしれません。

「たとえ失敗しても、自分がやってきたことは成功のためには必要な経験」

だと。

私自身、そんな思考をこれまで何度もしてきており、
経験を積むことで稼ぐ為の実力が身に付くという
いわゆる、「努力は必ずみのる」という言葉を信じてきました。

ただ、世の中には「努力」というものに対して、
続けることが重要と考えるだけで一向に成功できない人がいます。

まさにアフィリエイトはそういう人が多いのではないかと思います。

確かに成功を掴むためには「努力」が必要だと思いますが、

「努力をすること=ひたすら頑張ること=物事を続けること」

ではないと思うのです。

物事には必ず「因果関係」というものがあります。

成功という事実の裏には「成功要因」があり、
失敗という事実の裏にも「失敗要因」があります。

私は、成功を掴むためには、これら要因を自分で探究しながら、
自分が思い描く成功要因に従い行動することだと思っています。

アフィリエイトに取り組む人の大半は、
成功という事実は目を向けますが、なぜ成功しているのか、
その点をきちんと理解しようとしている人はあまりいないように思えます。

そして、失敗しても諦めず続ける人でも成功できない人は、
「失敗要因」に意識を傾けることなく、失敗だけを続けると思うのです。

どんな細かい物事でも、それがもたらす結果の背後には、
その結果に至る経緯や原因などが必ず存在します。

それを知ること、知って何をするか、
これを自分で考える事が重要なのです。

成功者が書いたであろう、成功者の方法論を、
ただ真似るだけで稼げるようになるのか。

小銭は稼げるかもしれません。(私はそれを経験しました。)

ただ、自分が納得するような「成功」はつかめないと思います。

たとえ成功者の方法論であったとしても、
やはりその方法論で「なぜ稼げるのか」をまず知るべきであり、
「あー確かに、これなら稼げる」と納得する思考を起点として、
自分の成功のために取り組むべき行動に論理性を持たせるべきだと私は思います。

知ること、考えること、行動すること

成功を掴むための努力はそういうものだと思います。

自発的に物事を知り、意識を集中して考えること
自分なりの答えを見つけて行動するのはしんどいかもしれませんが、
成功したければ、そんな風に頑張るしかないってことです。

勝手な私の持論でのマインドセット的な記事になりましたが、
何かの参考になればと思います。

それでは、また次回。