今回は文章を書くのが苦手であり嫌いな私が勧める
「文章力」を効率的にレベルアップさせる方法を紹介します。

実際のところ、文章力に関して悩まれている人は、
文章を書くのが苦手であったり、嫌だったりが大半だと思いますので、
そんな私と同じような人に向けてのノウハウになります。

文章が上手い人の記事を真似る

私がブログを書き始めた当初、
記事を書く事に対してこんな意識を持っていました。

・とにかく記事を沢山書く!
・他人と重複しない独自性溢れる内容にする!

ブログ記事を投稿した経験は皆無、
文章力がない人がこれをやったらどうなるか。

あっという間に挫折です。

なぜなら、記事を仕上げるのに多大な労力を費やすわりに、
それに見合ったアクセスがちっとも集まらないからです。

記事を沢山書くことで文章力が向上する
独自性溢れる情報こそ検索エンジンから評価される

あながち間違っていませんが、
正しい方法を知った上で記事を書いていかなければ、
正しい「文章力」というものは身につきません。

いくら他人と重複しない独自の情報を発信しても、
それが見込み客が求めていなければアクセスは集まりません。

そこのところを考えもせずに、
記事を沢山書いたり、独自の情報を発信すれば、
それはもう大半の人は挫折して当たり前だと思うのです。

であれば、その思考をまずは止めるところからスタートです。

まず、文章を書くのが苦手、嫌いという人は、
まず記事を沢山書く上での課題となる

何を書くか。
どう書くか。

に多大な労力を割かれます。

であれば、その2つの課題は全て、
文章が上手い人の記事で解決してやればいいのです。

アクセスを集められている記事
自分が読んで上手いとおもった文章の記事

これら二つを満たす記事を真似るのです。

ただこれは、コピーやリライトをするという話ではなく、
その記事のテーマと話の進め方を真似るということです。

そこにプラスアルファの情報として、
自分の主観で捉えた「感想」なり「意見」を入れてみて下さい。

少なくとも、ゼロから記事を書く時よりもずっと楽です。

また、あまりにも元ネタとかけ離れた記事にならない限り、
元ネタがアクセスを集める記事であれば、一定のアクセスを集められます。

プラスアルファとして取り入れる自分の感想や意見が、
その記事を読む人が共感をすれば、元ネタよりもアクセスを集める事も可能なんです。

それを繰り返すことで、

何を書く事で読まれる記事になるのか。
それをどう書く事でアクセスを集める記事になるのか。

これが見えてくるようになります。

文章を書くのが苦手で嫌な人でも、そのポイントさえ押さえてしまえば、
あとは”書けば書くだけ”文章力は向上すると思います。

また、この考えは、

成功するためには、成功者を真似ろ

という、一度は聞いた事があるような格言からきています。

理屈で考える前に、まずは成功者を真似てみることが重要です。

成功者が体感している経験を自分も経験することで見えてくるものがあります。

文章を書くのが苦手で嫌いな人が文章力をつけるのであれば、
文章が上手い人を真似て、文章が上手くなった気で記事を書いたほうが成功しやすいのです。

たとえ、最初はそこに自分の思考から書き下ろす情報がなくとも、
自分の記事によってアクセスが集まれば、その経験から独自の情報を発信することが出来ます。

一度、その経験をしてしまえば、
アフィリエイトに必要とされる「文章力」で悩むことはなくなる筈です。

そして、私が推奨しているこちらの教材は、
今まさに「文章力」で悩んでいる人向けに、
その解決策を具体的に示してくれる教材と言えるのです。

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術

教材内容については、上記記事をご覧いただければいいのですが、
とにかく成功体験を「0」→「1」にすることがアフィリエイトではかなり重要ですので、
文章力に対する悩みを解消することが「0」→「1」であると考えれば、
上記の教材はベストであると私は思います。

是非、参考にしてみて下さい。

それでは、また次回。

文才ゼロから始めるWeb記事執筆術