どうも最近Youtubeで動画を見ていると、スキップできない5秒広告をよく目にします。

いろんな動画を視聴している身としては、
動画の間に広告が挟まる度にちょっとした不快感を抱いてしまうわけですが
これが何度も続いて不快感が蓄積されると

「広告なんて消えればいいのに」

と思ってしまうのです。

動画のシークバー(画面下部の再生されている箇所を示すもの)を見れば、
広告が流れる部分に色が付けられており、気付けばそこを飛ばして視聴するなんてこともあります。

それだけ動画の間に広告が流れる事を嫌悪している私ですが、
果たしてこの感覚は自分だけなのだろうか、と思った矢先にGoogleが近々
「アドブロック」と呼ばれる広告ブロック機能をChromeに導入すると発表があったのです。

Youtubeだけではありませんが、今はどこもかしこも「広告だらけ」です。

特にスマホでウェブサイトの閲覧をすれば、コンテンツ以上に広告が目立つサイトなんてのも見かけます。

挙句の果てには、広告をクリックしやすい構成にして、
本来押したはずのリンクとは違う「広告リンク」のクリックを誘発するようなサイトもあります。

これらを「悪質なサイト・動画」と定義付けするならば、
今の時代、そんなサイトがたくさんネット上に溢れかえっていると思うのです。

そんな悪質なメディアを淘汰するのであれば、サイト運営者や動画配信者に改善を求めるよりも
一層のことクライアント側に「広告表示」の有無を委ねたほうが手っ取り早い、、、
と考えてGoogleは「アドブロック」の導入に踏み切ったのではと勝手ながら考察してみました。

勿論、天才集団のGoogleの考えている事は私などの凡人では分かりません。

ただ広告で大きな利益を上げているGoogleがその広告をブロックする機能を導入するという事は
単純に考えれば利益を減らす行為でしかありません。

それでもアドブロックの導入に踏み切るGoogleの意図は何なのか。

当然その選択がGoogleにとって最大の利益に繋がると考えてのことだと思いますが
私たち利用者側にとってもこのアドブロックの導入に「損」はないと思います。
(アフィリエイターではなくて、インターネット利用者として。)

動画の間に挟まれる広告や、ブログ記事の間などに挟まれる広告などは、
そのメディアを見る利用者側から見れば、メインコンテンツの付属品みたいなものでしかなく、
そこに興味を持ってもらいたいアフィリエイターが自分の広告収益の為に載せているにすぎません。

ただ、メインコンテンツの付属品に相当する広告が利用者にとって価値あるものであれば別です。

グーグルアドセンスで言えば、利用者の属性に合わせて広告を表示する機能がありますから、
ブログ記事と合わせてアドセンスを載せることは「メインコンテンツ+付加価値」と捉える事もできると思います。

ただこれでも、質の高いコンテンツあってこそ付加価値も真価を発揮すると思う部分があり、
やはり利用者にとって充実したコンテンツを用意すると共にアドセンスのような広告を載せるべきだと私は思います。

結局のところ、広告収益を狙っている「アフィリエイターの姿勢」次第なのかなと。

綺麗事になってしまいますが、
「利用者の為に情報発信をする」という姿勢でアフィリエイトを望まなければ
強引に広告収益を狙っていくやり方になってしまい、それが悪質なメディアとGoogleに判断されます。

それが自分の首を絞めてしまうわけです。

逆に考えれば、「利用者の為に情報発信をする」という姿勢でしっかり広告戦略を立てれば
自然に広告収益というものは発生するという見方も出来ます。

お金を発生させる行動をとるのは最終的には利用者(厳密には見込み客)ですから
彼らが居てこそのアフィリエイトなわけです。

見込み客が何に価値を感じて、どこにお金を投じるのかを徹底的に追求することで
実はそれが見込み客のニーズに応える事であると共に、お金を稼げる行為だったりするのです。
(感謝されてお金を稼げるのは素晴らしいことですし、一石二鳥ですよね。)

今回の「アドロック」導入のGoogleの真意はわかりませんが、
見込み客に対して価値を提供できているアフィリエイターにとってマイナスにはおそらくならないと思います。
(むしろ、悪質なメディアが淘汰されれば利益が上がるかもしれません。)

元々ビジネスチャンスがある市場にせよ、無法地帯な部分がありましたから、
これからどんどん「法整備」に相当する対策をGoogleはとってくるかもしれません。

それもGoogleという検索エンジンを利用するユーザを増やすため、減らさないためであり、
これからも広告収益を伸ばすことにも繋がると考えているからだと私は思うのです。

もしGoogleの検索エンジンを使うユーザが誰もいなくなれば、
そこに広告を掲載しても誰も見る人がいませんから広告主なんて集まってきませんからね。

「広告を載せたい検索エンジンで在り続ける」
→「利用者に使いやすい検索エンジンを追求する」

ということです。

この論理で考えればアフィリエイターも

「稼げるアフィリエイターになる(在り続ける)」
→「見込み客に求められるアフィリエイターになる」
 →「見込み客に価値の高い情報発信をする」

こういうマインドに落とし込んでアフィリエイト活動をしていくべきだと私は思います。

見込み客の信頼関係を深め、見込み客は新しい見込み客を呼び、
それが「利益の最大化」に繋がる。

そんなアフィリエイトを目指していきたい(目指さなければいけない)と
「アドブロックの導入」というGoogleの発表を聞いて思った次第です。

アフィリエイトを既にされている人は、
今一度、自身の活動を振り返ってみてもいいかもしれません。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ