アフィリエイトブログやサイトを始めるとすぐさま広告を貼りたい気持ちは分かります。

「早い段階で広告を貼れば、それだけ広告収入の発生時期が早められるのでは?」

という一見正しい理屈に聞こえますが、実はそうでもありません。

基本的にユーザは、自分の欲しい情報(知りたい情報)を手にしたいと思っており
広告に興味があってインターネットを利用しているわけではありません。
(そういう人がいないとも言い切れませんが、極々稀でしょう。。。)

つまり「広告」になんて興味はないのです。

広告なんて邪魔と思っているでしょうし、クリックなんてしたいと思っていないでしょう。

と、これくらいネガティブに考えながら広告を貼る事に気を付けなければ、
自分が思っているほど広告収入というものは得られないと思った方がいいです。

また広告を貼るということは、仮にクリックをされるとそのリンクに見込み客を飛ばす事になり
それは結果的に貴重なアクセスを他のウェブサイトへ流す事になりますから
そんなデメリットもあるという事を知っておいたほうがいいと思います。

・ユーザは広告に興味はない。(むしろ広告を邪魔と思っている。)
・広告を掲載すれば、その広告にアクセスを流すことにもなる。

これらデメリット以上のメリットがあるか、または
デメリットを解消できる要因があれば「広告」を載せるべきだと思います。

邪魔と思われない構成で広告を貼ることで
たとえ広告にアクセスを流す結果になったとしても、それが利益の最大化になる

という時だけ「広告」を貼るのがベストだと思います。

この理屈で考えれば、グーグルアドセンスのようなクリック型報酬を収益源とするものは
その広告をユーザに邪魔と思われない構成で貼ることで利益の最大化を図れます。

ただ、成約型報酬の広告は少々難儀です。

成約型報酬の場合、広告がクリックされかつ成約が発生しない限り報酬は発生しません。

その二つのステップを乗り越える事を前提として、
邪魔と思われない構成で利益の最大化に繋がる広告の貼り方を考えなければいけないわけです。

さて、見込み客(ユーザ)目線で「広告」を捉えてみると
クリック型とか成約型とか関係なくどちらも同じ「広告」に過ぎません。

その視点で見込み客の行動をイメージしてみると
何となく貼られている広告が自分の興味と結びつくものであれば
ひょっとすると広告をクリックするかもしれません。

しかしクリックしても、その先で何か商品を紹介されたら
果たして見込み客はそれ以上の行動、つまり物を買うという行為までいくでしょうか。

私の経験則で言えば、見込み客にとって相当魅力的で購入意欲がわく広告でもない限り
何となくクリックしてみた先の広告で物を買うということはまず無いと思います。

普通に考えれば、成約というのはクリック以上に狙うのが難しいという事です。

その点を踏まえた上で、成約型報酬の広告を載せようと考えるのであれば、
見込み客がその広告をクリックしたいという気持ちにさせ、
その広告で紹介する商品を「欲しい!」と思わせるようにしなければいけません。

つまり、そういう情報発信があって成約型報酬の広告は利益に繋がり、
それ無くしては邪魔な広告と思われるか、クリックされて終わりの広告になってしまうのです。

こんな感じで「広告の貼り方」について考えてみると、
自分がどういう広告を貼るつもりでいるかを明確にすることで
情報発信の方向性というものが定まってきますね。

アドセンスのようなクリック型報酬であれば、
邪魔にならない構成で広告を貼る事を前提にアクセスを集める情報発信をする。
(アクセスが多いほどクリック数は増えますので。)

成約型報酬であればアクセスを集める情報発信を前提に、
成約を狙おうとしている商品の購買意欲を高める情報も合わせて示す。
(その示し方については、別で説明したいと思います。)

いずれにしても、自分が定めた方向性の情報発信と共に「広告を貼る」
というのが、利益の最大化を図れるベストな方法だと私は考えています。

とにかく早い段階で広告を貼ればよいという考えは
広告収益を得るどころか自分のメディアの印象を悪くしてしまう危険性がありますので
然るべき方向性の情報発信が充分にできていると言える段階で広告を貼る事をお勧めします。

それまでは、見込み客に対して価値ある情報を積み重ねていきましょう!

是非、参考にしてみて下さい。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ