Googleで「いいえ」や「出口」で検索をかけると、
Yahooのページが検索結果の上位に表示されます。

この記事を書いている時点では、
「出口」で1位、「いいえ」で4位でした。

以前は、「いいえ」でも検索結果のトップに表示されていたみたいですが
Googleの検索アルゴリズムのアップデートにより順位変動があったものと思われます。

なぜ、このような単語でYahooのページが上位表示されるのかといいますと、
「いいえ」や「出口」という単語によるリンク先にYahooへ飛ぶものが多く、
(これがいわゆる、「被リンク」と呼ばれるものになるのですが)
その傾向を見たGoogleが「いいえ」や「出口」の検索結果の最適解を
Yahooのページであると判断したためです。

この実状を見れば、少なくとも「被リンク」というのは
検索結果の上位表示を狙うためには必要なものと考えることが出来ると思います。

そしてこの実状でもう一つ注目すべきことは、
どういう起因で順位変動が発生するかと言うことです。

「いいえ」というキーワードは以前まで検索結果のトップに君臨していましたが、
今現在は以下のような検索結果となり4位に落ちています。

検索結果(いいえ)

1~3位のウェブサイトのタイトルを見てみると、
1位は「いいえ」というキーワードでYahooに飛ぶ理由を説明するページで
まさにそれを知りたい人向けのページが表示されています。

2,3位は「いいえ」という単語そのものの意味を説明するページで
これもそれを知りたい人向けのページとなっています。

ここで注目すべきポイントは、
「いいえ」というキーワードで連想される「検索者の求める情報」が
検索結果の上位に表示されていることです。

少なくとも、「いいえ」というキーワードで検索する人が
Yahooのページを直接的に求めているとは考えにくいと思います。
(「いいえ」で検索する人もそうそういないと思いますが。)

Yahooを求めているなら、「Yahoo」と検索する筈です。

この傾向を見れば、どのような検索結果をGoogleが目指しているか
大体のイメージはつくかと思います。

検索者(ユーザ)が求める最適な情報を提示すること
(ユーザの満足度の追求)


そういう方向性でGoogleは検索エンジンの最適化を図っていると思うのです。

これを踏まえて「被リンク」について考えてみると、
被リンクそのものは依然としてSEO的には有効ではあるものの
一番重要なのは、検索者に適切な情報を提供することであり、
「被リンク」もそれに沿ったものが最適であると言えます。

そして「被リンク」というのは、基本的には第三者によって貼られるものですから
「被リンク」を集めようとするならば第三者から評価を受けて
その人達がリンクを貼りたいと思わなければいけません。

その第三者は自分のウェブサイトに興味を持ってくれるユーザですから
そのユーザの期待に応える良質なコンテンツを作り上げることで
そのユーザの「被リンクを貼りたい」という意欲を高める事ができます。

勿論、情報発信するメディアを持っている人でなければリンクは貼れませんから
「被リンク」がもらえる可能性のあるユーザは限られてはきます。

ただ、自分がターゲットにしている全てのユーザの満足度を上げる姿勢で情報発信すれば
Googleが目指す検索の在り方に沿っていることから検索結果の上位を狙うには効果的だと思います。
(そもそも「被リンク」に期待するのは、検索結果の上位表示だと思いますので。)

なので検索結果の上位表示を狙う事を目的とする場合は、

良質なコンテンツ(情報)を提供して「被リンク」を増やしていくこと

が最も有効な手段であり、
仮に「被リンク」を自分で増やそうとサテライトブログを作る場合にしても
良質なコンテンツ(情報)在りきで構築したほうがいいと思います。

自分で「被リンク」を増やすこと(いわゆる、自演行為)には色々意見があると思いますが、
一応簡単に自演による被リンクの量産についての特徴を挙げると、

・自分が発信する情報の質によって被リンクの質が決まる(自分の実力によって質が決まる)
・メインブログに加えてサテライトブログの運営もするため情報発信する量が増える

と、これをどう捉えるかで意見が分かれるかと思います。

いずれにしても、質の高い情報を積み重ねることがSEO的に有効であり、
逆に言えば、質の低い情報を量産してもそのウェブサイトの価値を高める事は出来ません。

そのあたりを考慮した上で、「被リンク」の増やし方を検討してみるといいかもしれません。

すべきことは、「良質な情報発信」であることに変わりはありませんので
方針が固まったらあとは、そこに力を注ぐだけです。

ブログのような文章を書く事をメインとする情報発信であれば
自身の文章力がそのまま情報の質に繋がります。

※「文章力」の向上を図りたい方向けの簡易講座はこちらで発信しています。
アフィリエイトに必要な「文章力」~一晩寝かせた記事で気付いた品質向上策~

また検索エンジンからの集客を考える場合、
検索キーワードで連想される「検索者が求める情報」を
検索エンジンが認識する必要がありますから
そのための参考情報とされる記事タイトルも意識する必要があります。

その点についてはこちらで講義していますので、
記事タイトルの付け方と検索者の心理~タイトルと検索キーワードの関係性~

上記記事と合わせて読むと検索エンジンからの集客の情報発信に役立つと思います。

是非、参考にしてみて下さい。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ