SEOに詳しい人であれば「そんなの当たり前」と言われるかもしれませんが、
ブログなどで掲載する画像にSEO対策を施すことが出来ます。

文章メインのブログでも間に画像を挿入する事もあると思いますが
その画像もSEO対策の対象となりますので、
もしやっていない方は、これから紹介するSEO対策を実施してみて下さい。

alt属性(代替テキスト)に適切なタイトルを入力

そもそも画像にはファイル名以外に、alt属性という設定値があります。
(普段は全然意識しないかもしれませんが。)

そしてこのalt属性というのは何かと言いますと、
「画像が何らかの理由で表示されないときに代わりにテキストで表示するもの」であり、
そういう意味から「代替テキスト」とも呼ばれています。

簡単に言ってしまえば、画像には「その画像を説明するテキスト枠」があるという事です。

画像ですから、説明がなくともそれが何を示すものか視覚的にわかると思うのですが、
それは視覚でその画像を理解できる人のみに通じる話でもあります。

これが視覚を持たない検索エンジンなどの画像検索の場合、
その画像が何を示すかはalt属性を読んで理解するのです。

つまりキーワードベースの画像検索において
検索結果に示すものはalt属性の内容を参考にするということです。

SEO対策的に「やっておいたほうがいい」設定と言えますよね。

さらにGoogleが公開している「検索エンジン最適化スターターガイド」を見てみると、
簡潔できちんと説明しているalt属性が理想と書いていますので
その画像を端的にきちんと示す説明をalt属性に付与するのがベストと言えます。

例えば、動物の画像でalt属性を設定する場合、
ただ単に動物の名称を入力するのではなく、
その動物の特徴や動作を付与して動物の名称を入力するのが理想的です。

「ベッドで気持ち良さそうに寝ているペルシャ猫」

とか、名称に対する修飾語を入れるという解釈でいいと思います。

で、ワードプレスでの説明になりますが、
このalt属性は以下の通りで設定することができます。

1.ワードプレスのメニュー一覧の「メディア」→「ライブラリ」をクリック
2.既にアップロードしているメディアの中からalt属性を設定したい画像を選択

すると、選択した画像の設定画面が表示されると思いますが、
その中に下記画像にある代替テキストの設定箇所があると思います。

alt属性

ここにその画像を簡潔に説明するフレーズを入力して保存するだけでalt属性の設定は完了です。

保存後にその画像を記事に挿入することでalt属性が設定された画像として表示がされます。

一点注意しておく事として、既に記事中に挿入済みの画像のalt属性を設定した場合は
再度挿入しなければalt属性は反映されませんので再挿入を忘れずに。

まあ、一度知ってしまえばなんてことはありません。

画像を追加するたびにalt属性を設定しておけばいいだけですから
その癖は今日からつけておくことをお勧めします。

大した労力にはなりませんので。
(アップロード済みの画像にalt属性の設定をする人は、最初だけ頑張ってください!)

また、alt属性の設定自体はさほど難しいものではありませんが
あくまでその画像は、記事内容に沿ったものであるようにしてください。

例えばブログ記事の場合ですと、文章+画像という組み合わせがありますが
必ず文章(記事内容)とalt属性(画像内容)が一致するように組み合わせる必要があるということです。

同じ記事に対して、文章と画像(alt属性の内容)が不一致ですと
検索エンジンは何の記事がわからなく混乱してしまい、SEO効果が薄れる恐れがあります。
(alt属性を設定したことで反ってSEO的に逆効果になってしまうかもしれません。)

文章と画像それぞれの内容に不一致を起こさない方法としては、
記事中に挿入する画像の使われ方として「文章の補足材料」というケースが多いと思いますので
文章の補足材料として適切なalt属性を付けることを意識しておくことが効果的です。

その意識があればalt属性の設定が記事内容と大きくずれることはまずありません。

また、alt属性の設定は画像をアップロードするときになると思いますが、
実際にその画像を使用するのは記事を投稿するときだと思います。

記事を投稿するときには、alt属性の設定値を確認した上で
記事中に画像を挿入をするようにしてください。

画像をアップロードした時につけたalt属性が
必ずしも記事投稿するときの内容と一致するとは限りませんので。


ということで、「画像のSEO対策」の紹介をさせていただきましたが、
設定が簡単な故に大したことない話に聞こえるかもしれません。

ただ、こういう些細な正しいSEO対策を積み上げた上に検索結果の上位表示があると思うのです。

明日の自分は、「alt属性なんて設定するの当たり前じゃん」

そう思っているかもしれません笑

是非、alt属性(代替テキスト)の設定はやってみてください。

それでは、また次回。

コンテンツ一覧へ